脱毛サロン選び注意事項

■脱毛サロンの良い所

プロに任せられるので安心

脱毛サロンの良いところで一番にあげられるのは、やはりプロが脱毛してくれることです。
お肌や無駄毛の状態で機械の出力を選んでくれますし、通う頻度も向こうが調整してくれます。
また、プロがきっちり照射してくれるので、照射漏れもありません。
さらに、もし肌にトラブルが出ても、きっちりとそのことを伝えれば対処してくれます。
特に最近は、エステでも管理してくれる医師がついていることが多く、症状を伝えれば医師による症状の診断や対処をしてもらえます。
これが家庭用脱毛器だと、自己管理になります。
脱毛初心者には、不安を感じる人や、本当に脱毛できるのかと不安な人がいると思います。だからエステやクリニックがオススメです。
脱毛器や抑毛ローションと違って、ハズレを引いて失敗するということは基本的にはありません。
脱毛効果に関しては安心して任せられるので、不安を感じる必要がないのは嬉しいです。
ただ、予約取るのがメンドウかなと個人的には思いますが、サロンに行くだけの価値は十分にあるとだけ言っておきます。

脱毛効果が強く、産毛の脱毛も出来る

エステやクリニックでの脱毛の良いところとして、脱毛効果が強い点があります。
家庭用脱毛器と違って冷却装置があるので、高出力で照射しても痛みがマシ。つまり、高出力で照射しやすいのです。
また、管理してくれる人がいるので、高出力で使用することが出来るというのもあります。安心をお金で買うイメージでしょうか?
家庭用で業務用の出力まで出せてしまうと、火傷をする人が出てきますので、危ないですよね。それは。
ただ、最初の数回はたいして変わりません。
家庭用脱毛器も最近は高出力になってきているため、最高レベルでやると、エステやクリニックでの最初の照射よりも高出力になります。
エステやクリニックでは薄くなるにつれて照射出力を上げていきます。
ですから、家庭用脱毛器で脱毛できない高出力を使用するのは何回か照射してからになります。
特に太い毛が密集してるところでは、家庭用以上の出力レベルになるまで結構回数を重ねます。
効果が高いといっても、結構薄くなってからの違いと考えたほうがいいです。

産毛などの細い毛は、業務用で最高出力で照射することになります。
産毛レベルでなくても、細い毛は家庭用では効きにくいのです。
細い毛でも脱毛が可能というのが、エステやクリニックの脱毛のメリットです。
ただし、産毛の脱毛はあまりオススメしていない感じです。
場合によっては、毛穴を刺激して太くなってしまうこともあるらしいですね。とはいえ、太くなったら脱毛してしまえばいいんですが。
結論としては、「産毛ほどではないけど細い毛」は家庭用では厳しいため、そういう毛を脱毛できるのはやはり魅力的です。

■脱毛サロンの悪い所

通うのに予定をあける必要がある、交通費がかかる

エステやクリニックでの脱毛の最大の欠点がこれです。
単純に、行くのが面倒くさいというのもありますが、それは人によるかもですね。
でも、いちいち予定をあけないといけないし、予約を取らないといけません。直前でのキャンセルをするとキャンセル料をとられるところもあります。(そこは事前確認しておきましょう。)風邪を引いたりするといけないんで、ちょっとしたプレッシャーですよね。
また、あんまり直前だと予約を入れられません。ある程度、先の日程に入れないといけないわけです。
私は、先の日程を入れるのが苦手なので、ちょっとその辺しんどかったですね。
また、通う時間や交通費などのコストもかかってきます。
近くに良いサロンがない人は、往復だけでも結構かかってきます。
選ぶときは、なるべく駅チカを選ぶようにしましょう。最近は、ずいぶんとサロンも増えてきて店舗数増加、立地条件の良さなど目立っています。
(→詳しくはこちら

費用はだいたい30万くらいみたいですね。
エステやクリニックで脱毛した時の最大の難点は、全身に使うととても高くつくということです。
たとえば、KIREIMOであれば全身脱毛は18回で30万近くかかります。
返金保証などいろいろな保障内容が充実してるんで安いほうだと思いますが。
それが、家庭用ですと、仮に追加コストのカートリッジ代がかかったとしても、10万かかることはまず無いでしょう。
コスト面で見ると、どうしても家庭用がいいでしょう。
でも、他でも書きましたが、脱毛サロンに通うということは、自己責任の家庭用と違い安心・保障がある。必要に応じてドクターに診てもらうこともできるというところです。